お試し体験。我が家愛犬に与えた本音の口コミレビュー

カナガンお試し体験。本音を語ります。

カナガン到着しました。
しっかり梱包してくれてます。





うちの子は朝夕で一日80g与えています。
これは夕ご飯で、40グラムです。
半径約12センチのお茶碗で、40グラムだとこのくらいですね。



「待て!」から「よし!」でカナガンにまっしぐらです。




あっという間に、たいらげました。



うちの子は、カナガンが大好きです。

カナガンに限らず、ドッグフードを変える際には
全量を一日で切り替えるのではなく、
1週間から10日ほどかけて、少しずつカナガンの量を多くし、
最終的にはすべてカナガンに切り替えます。


うちの子はダックスフンドですので、比較的に胃腸が丈夫な犬種です。
しかしながら、いきなり全量変えるとお腹が緩くなることも否定できません。便の様子を見ながら少しずつカナガンに切り替えることが重要ですね。



カナガンに切り替えて2カ月ほどになりました。
感想をあげていきますね。

食いつき
食いつきは抜群です。ご飯が待ち遠しいようです。
食べ終わった後は、お茶碗をなめて「もっと食べたい」と
アピールしてきます。

うんちの様子

硬すぎず、やわらかすぎずよい調子です。
色もよい色です。
うちはお散歩は朝1回のみです。それ以外の時間帯は家の中で用を足してくれます。
もちろんお散歩の際も、排便はしますが、
おうちの中のトイレでも規則正しい時間帯で、よいうんちがしてくれるようになりました。
うんちは「健康のバロメーター」なので、いつもしっかりチェックしていますが、よいうんちだと安心です。

体重

カナガンに切り替えたら、体重が増えてしまった。
というご意見を耳にしたことがありました。
体重の変化を見ながら切り替えたので、
特に太ったということは感じませんでした。



毛並み

うちの子はアトピー等もないので、皮膚の状態も気になることはなく、
毛並みも特に気にすることはなかったのです。
しかし、カナガンに切り替えて約2カ月。
毛並みにつやが出てきたように思えます。
体調が悪いのであれば、毛並みにも影響するわけなので、
毛並みがよいということは、体調もよいということ。
これはとてもうれしいことです。

涙焼け

うちの子は、涙焼けというまでは言えませんが左目が少しだけ涙が出ていました。
パピーの頃、獣医さんに診察してもらったところ、
「涙腺が少し詰まりやすい子なのかも?。でも特に治療をするほどの症状出ない」という回答でした。
そのため、お散歩後はホットタオルで優しく拭く程度にしていたのですが、
カナガンに変えてから、少し改善が見えました。

カナガンを選んだ理由

子供の頃から犬と馴染み、そして私自身が大人になり責任をもって
犬と暮らすようになって20年以上過ぎました。
先代も二代目のミニチュアダックスのロングヘアー。
レッドの男の子です。

先代は癌を患い、余命宣告を受けながら9年という年月をともに生きてくれ、
16歳4カ月で虹の橋を渡っていきました。

この経験から2代目である今の愛犬に対しては、
健康にこの上なく注意しており、ドッグフードも厳選していたつもりでした。
しかし、ドッグフードについて調べてみるととても怖い現実が。
もちろん今まで与えていたドッグフードに対しても
選んでいたつもりでした。

今年8歳になる二代目わんこの健康を考えたときに
よりよいドッグフードはないのか?

そんなことを思いつつ、選んだのがカナガンでした。

「食べるもので体はつくられる」
これは人もそうですが、命のある犬も同じですよね。
人も食べることのできる素材で作っていること。
無添加であること。
犬という動物にとって必要な栄養素を熟考して、高品質なこと。
なにより、犬のためを思って安心、安全への取り組みをしっかりしていることがとても納得できます。

ドッグフードにはたくさんの種類が出回っています。
どれを与えてよいか?。とても悩んでしまいます。
ドッグフードの種類が増えての、犬が必要な栄養素が変わることはありません。
大切な愛犬にとって見極めるのはとても悩んでしまいますね。

カナガンは、犬の祖先は「オオカミ」であることに着目し、

良質なたんぱく質を豊富に摂取。
犬の消化に負担にならないようにグレインフリー
人がたべることができるヒューマングレードな素材を使用
人口添加物は未使用
すべての犬種、年齢フリー


このようなことからカナガンを選びました。

国産を与えなくなった理由

ドッグフードを調べているうちに、日本が犬や猫等のペットに対しての
考え方のレベルの低さに辟易してしまいました。

種は違えど同じ命なのに「人ではないから」、粗悪な素材や添加物満載なものを製造しているものも多いのです。

具体的に言えば、値段を安くするために犬が消化しにくい穀物類を多く配合し、かさましをしている。
肉副産物やビートバルブを使用している
保存期間を長くするための合成保存料
香りでくいつきをよくするために合成香料
見た目をよくするために、合成着色料


こういったものが満載されているフードは、
大切な愛犬に絶対に与えたくないですよね。
犬は犬種(サイズ)によっても違いますが、
永くても15〜16年の寿命です。
人から比べたら、短い犬生です。
この短い時間を健康に元気で楽しく、飼い主と一緒に時間をともにしてほしいと心から思います。

生きていくための必要な栄養素が配合されていて、
添加物や素材のよいの良いものを与えて少しでも長生きしてくれて、楽しい時間を過ごしたいと
飼い主さんは思うのではないでしょうか?




周りの犬友からの口コミ

我が家では評判のカナガンですが、他のワンちゃんはどうなのでしょうか?

お散歩に行くと、わんちゃんのお友達ができてきます。
犬友の皆にもカナガンを試してもらいました。

犬友の口コミをご紹介しますね。

黒柴 7歳

カナガン大好きです。お散歩の途中で与えてみたのですが、目を輝かせて食べてくれました。
その後、カナガンをしばらく試してもらったのですが、
便の調子もよく、喜んで食べてくれるそうです。

ミックス 8歳 9歳

ダックス&チワワのミックスの2頭です。
この子たちも喜んで食べれて、便の調子もよいそうです。まだ与えてから期間も短いので今後も与えたいそうです。
まず無添加であることが安心で、かわいい我が子に悪質なドッグフード、低品質な素材のものを与えたくないというところから、
カナガンは信用できるとの見解でした。

ミニチュアダックスフンド 7歳

食いつきは抜群。毛並みもよくなったそうです。便通がよくなり規則正しくなったとのご意見をいただきました。
これからはカナガンに変えていきたいそうです。

ミックス 2歳

どうも気に召さなかったようです。もともと好き嫌いが多くおやつに対しても気に入ったものでなければ
食べないことも多く、残念ながら食べなかったとの報告を受けました。
飼い主さんとしては、今与えているドッグフードの裏面の素材や成分を見てみると、
今のドッグフードを与えたくないので、またチャレンジしたいそうです。

ほとんどのわんちゃんは、カナガンを喜んで食べてくれ、
便の調子や便通がよい。
毛並みがよくなった。
うれしい報告を受けています。
今まではあまりドッグフードに対して調べてみなかったけど、
ドッグフードの中でには、考えられないほど低品質はものもあることことに気づき、
驚愕したとのご意見もいただきました。

またやはり少数でしたが、好き嫌いの多い子は食べてくれなかったとのご意見があったのも事実です。


トップページに戻る

 

サイトマップ